ビジネスディナーに必要な英語

仕事で英語を使いこなしている人は問題ないと思いますが、あまり語学に自信がない人にとって、外国人とのビジネスディナーは非常に緊張を強いられることでしょう。挨拶も食事中の会話もすべて通訳の人におまかせすることもできますが、できれば挨拶ぐらいは通訳を通さずにできると相手に好印象を与えることができるでしょう。英語も日本語と同じようにフォーマルな話し方とカジュアルな話し方があるので、ビジネスディナーに備えて事前にフォーマルな挨拶程度の会話を習得しておくことは仕事の交渉などを円滑に進めるためにも不可欠です。

ディナーはセンスが問われます

会社の飲み会や歓送迎会、誰かの昇進祝いなどでみんなでディナーをする時に、皆さまも幹事を任される場合があると思います。ある程度は経験を重ねれば慣れてくる場合が多いのですが、お店選びやお料理のコース選びの他に場所や参加メンバーの選択など、皆さまのセンスが問われるシーンとなります。またこれらのことはビジネスとも精通していることもありまして、具体的に言いますと、社内会議のセッティングや取引先との打ち合わせのセッティングのセンスが問われることと良く似ています。ですのでたかがディナーだから失敗しても良いとは思わずにビジネスの一部だと思って取り組むと良いでしょう。

↑PAGE TOP